車&バイク・パーツ製作や日々の日記  ☆ヽ(▽⌒*)


by ysau-power
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

片NASAダクト リトラカバー

自作パーツ 第4弾は・・・

リトラクタブルライトのカバーにダクトを開けるロードスターの
定番アイテムです!

他ロードスターの方が付けているのを見て付けたいなぁとは思っていましたがその時はノーマルクリーナーで付けても意味無いかなぁと思ってました。

その後、前回に紹介しました遮熱板を製作してひとつの大きなエアボックスとする様にして更にクールなエアを取り入れたいと思い・・・
そうだ!ダクトを掘ろう!!(^o^)丿
市販のダクトが彫ってあるのはイマイチ浅かったり他の方が
付けているのと同じじゃツマラナイので思い切って
ノーマルカバーに直接掘る事にしました。
e0102099_1828326.jpg


レシピです。
まずノーマルカバーに下絵を書きます。
裏側にあるライトやヒンジなどの位置を検討します。
下絵に添ってジグソーでカーット!!します。
カットは慎重にしないとメロメロなラインになってしまいます。
先端の狭い部分を残して掘りたい深さに曲げます。
そのままですと側面が開いたままですので側面を作ります。
カバーはスチールですので、そこいらにあった約1mm厚の
鉄板を側面の形状にカ~ットします。
問題は接合方法ですね。
カバーは薄いので溶接は厳しいし、エポキシでは接着に不安があり
ロウ漬けは設備がないし・・・と考えていました。
ホームセンターで何かないかと探していましたら鉄板用の半田を
見つけたので、これにしました。
あとはワットの大きいコテでハンダ漬けです。
これが非常にいい!ヽ( ゜ 3゜)ノ
ハンダは温まると自ら隙間に浸透して行きます。
しかもパテ代わりにもなりました。
実際ほとんどパテは使っていません。
・・・長い・・・(^_^;)
あとは塗装の準備で耐水ペーパーで下地を作り
サフェーサーを塗り純正カラーのスプレーでシューシューと
すれば・・・完成!です。
e0102099_18475692.jpg

この彫りの深さは他にはありません。
なぜなら・・・リトラ開のストッパーが本来はあって、この幅と深さは無理なんですね。
どおりで・・・で市販のは浅く小さいと気が付きました。
e0102099_18503262.jpg

それを知らず(ちゃんと調べなかった)完成してワクワクしながら
取り付け様としたら付かない・・・!?
ストッパーの存在に初めて気が付きました。
で・・・撤去です ヽ(`○´)/ ポイッ

事前に、『 レ 』ですね・・・(・o・) 
[PR]
by ysau-power | 2006-10-21 19:01 | パーツ製作